黒猫陛下の書斎

「試筆」とは、試し書きのことではない。

好きなビールをランク付けしてみた

やっと暖かくなってきたので、唐突に好きなビールランキングを考えてみた。対象は国内大手ビールメーカーの商品だけ。

 

f:id:ochsk:20150720221556j:plain

 

1位 サッポロ黒ラベル

かれこれ数年、このビールのファンを勤めている。選択肢に黒ラベルがあるときは、迷いなくこれ。絶妙な苦味と麦の香ばしさ。サッポロを出す店が少ないことが、却ってサッポロへの忠誠心(信仰)を篤くさせる。今のところ、最もおいしい黒ラベルを出すのは大阪のニューミュンヘン本店。ただし品質にムラがあり、2回に1回はハズレ。当たれば天にも昇る心地。

 

2位 キリンラガー

黒ラベルがないときはこれ。キリンは一番搾りを看板商品にしているようだが、一番搾りは良くも悪くも癖がなく、面白みに欠ける。このラガーには独特の香りがある。昔バイトしていた酒屋で俺より後に入ってきたパートのおばちゃんがとてつもない酒好きで、ウイスキーはブラントン、ビールはこのラガーしか飲まないというこだわりの人だった。ラガーを気にしだしたのは明らかにその人の影響。大正時代のラベルがかっこいい。

 

3位 エビス

サッポロの最高級商品。強い苦味と麦の旨味が特徴。だけどしつこくないので飲みやすい。値段が高い。ほとんど缶でしか飲んだことがない。

 

4位 サッポロクラシック

割と手に入りにくい。缶でしか飲んだことがない。黒ラベルよりすっきりしている印象。尖ったところがなく、ブランドとしてはイマイチ。でも決して悪くない。

 

5位 キリン一番搾り

日本を代表するビールのひとつ。万人受けするタイプ。たしかにうまいが、優等生すぎるところがある。ただし、飲み屋の入口で一番搾りの看板を見た時の安心感は異常。

 

6位 キリンクラシックラガー

ラガーが生まれ変わる前の製法。苦味が強く、旨味が少ない印象。

 

7位 サッポロラガー

いわゆる赤星。サッポロにしては珍しく残念なビール。飲めないわけではないが、キリンのラガーに比べるとパンチが弱い。

 

8位 サントリーモルツ

モルツは嫌い。でもよく連れて行かれる店がこのビールなので、図らずも一番飲んでいる。ちなみにもうすぐこの銘柄はなくなる。新しく登場するのは「ザ・モルツ」。変わらない気がする。

 

9位 サントリープレミアムモルツ

プレモルはもっと嫌い。これをありがたがって飲む人の味覚はおかしい。ある意味で日本的なビールではない。良く言えば華やか、悪く言えば便所の芳香剤を飲んでいる感じがする。

 

10位 アサヒスーパードライ

美味しんぼでも酷評されたがっかりビール。びっくりするほど味がない。アルコール入りの炭酸水か。ビールが苦手な人には一番飲みやすいかもしれない。